貸し倉庫・貸事務所などの不動産情報まとめ

New Entry

Category

新着一覧

2013/10/15
レンタルルームを更新しました
2013/10/15
貸し倉庫の規模を更新しました
2013/10/15
賃貸のメリットを更新しました
2013/11/29
レンタルオフィスを更新しました
2014/01/06
貸事務所の紹介を更新しました

不動産という財産

不動産とは、ある程度高額であり、容易に動かすことができない財産を指す。
不動産の中でも特に多いのが土地や物件などであり、それ以外には工業用地、漁業権、採掘権など権利系がある。そしてより大きいものに財団が存在する。
そのため、財団の売却も可能であり、吸収合併なども不動産売買取引のひとつと言える。

土地と建物の関係

関係

土地と建築物は別々の不動産として扱われることが多い。
そのため、土地の権利者と建築物の所有者でしばしば争いが起きることがあり、あまりにも状況が悪化している場合は民事裁判を起こすこともある。

土地も建築物も不動産ではあるが、建築物に付随する襖や障子などは動産として存在する。しかし、ほとんどの場合は不動産の付属品として同列扱いされ、差し押さえなどがない限りはひとまとめにして扱われる。
家具などは個人の所有物(動産)であり、持ち運びも容易なことから建築物の一部とみなされることはない。

不動産と動産

不動産は動かすことが難しい高価な財産を指しており、動産は動かすことが容易な財産を指す。
基本的には不動産以外のものはすべて動産であり、車や家具などが動産にあたる。
また、貸事務所などで利用する備品はレンタル品の場合はレンタル会社の動産となる。その場合商品も兼ねていることが多い。

キャンピングカー、トレーラーハウス住宅は建築物ではなく車両扱いとなる。つまりは動産扱いである。
しかし、移動ができないようになっているトレーラーハウスは建築物として扱われるケースも存在している。しかし、厳密な制度や基準が存在していないため、細かいところは自治体任せとなる。

賃貸物件

賃貸

賃貸物件とは、月々の家賃を支払いながら利用する物件である。家賃は土地代や所得税などから家主が判断して設定する。
賃貸物件には住居以外にも、貸事務所や貸し倉庫など業務関係のものも存在する。
特に貸事務所は、開業する際に利用されることが多く、ほとんどは数年で契約が解除される。そのため、事前に「5年契約」などと期限を決めて契約することが多い。

住居の場合は、学生マンションなどの場合は在学中のみなど明確な基準を設けることができるが、半永久的に契約する場合は定期更新が必要となる。
そして、集合住宅では家賃以外にも共益費を徴収されるのがほとんどである。
共益費には自治会運営費、駐車場や駐輪場利用代などが含まれる。

簡略化される倉庫

貸し倉庫は、企業や個人に向けて貸し出されるレンタル倉庫である。
2000年以後はコンテナタイプの簡略化された貸し倉庫などが登場した。
特にコンテナタイプは、街中にも簡単に設置できるため個人利用がしやすく、家庭内の荷物を一時的にそちらに移すなどの利用方法が多く見られる。

貸し倉庫の小型版としては、コインロッカーなどがある。
コインロッカーは駅前などに設置され、一回100円などから利用できる有料ロッカーであり手荷物などを預けることができる。
ただし利用期限は長くても一ヶ月程度で、あまりにも利用が長引く場合ロッカーの中身は管理会社によって取り出される。